すいません。
ちょっといろいろありまして、速報はすぐに上げたのですが、
詳細バージョンの掲載を失念していました。失礼しました。

【速報】【Event】 #GUSTO “お箸で切れちゃうビーフシチュー”プレミアム試食体験会
http://ameblo.jp/logtaka/entry-10766746572.html


AMNさん経由ですかいらーくさんにご招待頂き、試食体験会イベントに参加して来ました。

ガスト“お箸で切れちゃうビーフシチュー”プレミアム試食体験会~シェフからの挑戦状~
http://fansfans.jp/campaigns/detail/248

会場はGUSTO明大前店。
b401fd5c.jpg


よーするに。。。
実営業店舗で開催という事。
しかも夕方に閉めて翌朝のOpenまでClose
dc41ddec.jpg


これっていろんな意味で嬉しかったり、判断には苦慮されたかなーと思ったり。

まず、嬉しいのは、どこかの会場で開催されると、本当のオペレーションでは無かったり、
微妙なところが実際とは異なったり、特別な対応してたりとかの可能性があるのですが、
今回は本部の方がいっぱいいらしては居るものの、本当の店舗スタッフさんも
いらっしゃってオペレーションされていたので、本当の意味での試食が出来ました。

こうするのも判断には苦慮されただろうなーと、思うのは、
ターミナル駅の駅前の店舗で、平日の16時に閉店して、翌朝のオープンまでクローズして頂いていました。
パッと調べてみたところ、こちらのお店は年中無休の朝7時OPENの翌早朝5時CLOSEという営業時間です。
駅前の便利な店舗という事で、夜遅い時間帯でも食事が出来たり、
ちょっとした待ち合わせなどにも利用されているだろうことを思うと、
ブロガーイベントに営業時間短縮をして頂いたのは大変嬉しいことだなーと、まず思いました。

そして、前回の速報レビューでも載せましたが、こちらのビデオ。




人気子役で有名な加藤清史郎くんが、今回のキャラクターですが、
この動画、、、
ちゃんと今回のブロガー試食会用にコメント頂いているんです。

なかなか凝った作りですねー。

このイベントから約1ヶ月ほど経っていますが、
その間、テレビをほとんど見ない、私の目にとまるほど、メディアなどの露出は凄かったですね。
集中的な活動は効果があると思うので、ここ1ヶ月ほどは記録的な売上があがっているんではないでしょうか?



さて。。そんな事はどうでも良いのですが、当日の様子を。

まずは、こちらを。
ba57c835.jpg

見るからに美味しそうなこのオニクたちですが、ぱっとみただけでは、
とてもファミリーレストランの料理とは思えません。

さっそく頂いてみますと、、、、

驚きの柔らかさ!

既に本部の開発担当の方のプレゼンテーション後だったので、柔らかさに
期待はしていたのですが、予想、期待を超える柔らかさに驚きました。
d6673d7c.jpg



「お箸で切れちゃうビーフシチュー」

が、今回のキーワードだったので、添えられたお箸で切ってみてから頂きました。
本当にお箸でも切れますし、口に運ぶととろけているビーフはとっても美味しいです。
62a0e810.jpg


ただ、お箸で切れますが、ビーフシチューですので、シチューそのものも楽しんで
頂きたいのでスプーンを使ってください(笑
試食前のプレゼンで伺っていたのですが、ライスに合うソースの開発を研究の結果、
赤ワインに隠し味で「赤味噌」をいれているそうです。
赤味噌自体を直接感じるわけではありませんが、食の進む味付けです。
e3887a8e.jpg


付け合せのポテト、ブロッコリー、トマトもよくあっていていい感じです。
なかなかオススメ出来る内容かと思います。



イベント自体の進行は、まずはすかいらーくグループの紹介。
私の幼い頃はすかいらーくさんはファミリーレストランの定番でした。
そして学生の頃にはお財布に優しいガストさんによく行ったものです。
その後も吸収合併や統合などを繰り返し、20以上の飲食店ブランド、
グループ全体で3600店以上も展開しています。
9e105d0a.jpg


イベントはすかいらーくのトリビアのクイズなどを交えて和やかにすすみます。

特徴的なのは、セントラルキッチンと呼んでいる大きな台所のような工場で
効率的に一括生産しているところ。
そして、工場にはストック用の冷蔵庫、冷凍庫はもっていない事。
これは驚きました。
0f969dbb.jpg



勝手な思い込みですが、そういう工場って巨大な冷凍庫とか持ってそうなのですが、
仕入れから各店への提供までの時間が非常に短い仕組みになっているので、
必要ないのです。そして、食品添加物、保存料を極力使わないようすることにも繋がるわけです。


各店での調理方法もコンベアオーブンという各店舗でのグリルも手順仕組みを定め、
商品品質の均一化をはかっているそうです。
ほとんど全ての調理を巨大な工場で行っており、最後の一手間の調理を各店の厨房で
定められた方法とツールで実施。
これが3000店以上もの飲食店を格安で経営出来る手法の一つとも言えると思います。


今年のすかいらーくさんのメニュー開発シリーズのキーワードの一つに
「プレミアムシリーズ」というモノがあります。
921894bb.jpg


今回のビーフシチューが、皮切りですが、今後パスタやカレーなどの定番商品に
家庭では出来ないプレミアム感を盛り込んだ商品展開を検討予定だそうです。

あ、プレミアムハンバーガーの開発はお願いしておきました(笑

そして肝心のビーフですが、スネ肉や肩ロースなどを検証していたそうですが
ばら肉を使うという結論に達したそうです。
かなりのボリュームに感じるのですが、すかいらーくさんがだした黄金比率は、、
50gx3個だそうです。
bfa4795e.jpg


通常のマクドナルドのハンバーガーパティの重さは約45g
クオーターパウンダーや、現在展開中のBigAmericaシリーズのパティが約113g
と、ご紹介すれば、その150gのボリュームを感じて頂けると思います。

ハンバーガーでもなんでもそうですが、通常重さは調理をする前の重さを言うので
煮込んだあとは多少変わってきますが、それでも結構なボリュームですね。
ただ、柔らかさが箸(スプーン?)が進むので、そんなに驚くような量ではありません。
おそらくすっと入ってくると思いますよ。

ただ、私は全く想定内でしたが、カロリーの質問は会場の多くの女性陣から驚きの声が。
単品で約800kcal、セットで1400kcal程度。
まぁそのくらいはいきますよね。
昔、岡田斗司夫さん本で、ファミレスのメニューを開いて、そのページで一番好きなものを選ぶと
一番カロリーの高いメニューを選んでいるはず。というのを自認している私としては
いたって普通な(笑

ただ、多少カロリーを気にする事でこの体験を逃すのは少々勿体無いので、
ハーフメニューなどの検討の意見なども出しておきました。

長々と書きましたがこんな感じです。

その後、このブロガーイベントの模様も含めて、こちらにも紹介されています。

PREMIUM ガストマガジン
http://gusto-magazine.jp/

冬号という事で、今回のビーフシチューの開発秘話、試食会レポートなどが紹介されています。

個人的には、、、RootからFlashで作られちゃうとリンク張りにくいのよねー。
春号出る時にはそっちになっちゃうと思うので。。。。(苦笑

こちらも御覧ください。

当日は、女性の比率もかなり多かったので、質問タイムなどはわりと静かだったので
時間つなぎ的にもいっぱい質問しておきました。

あまり普段はファミリーレストランはチョイスしませんが、
さすが老舗の巨大グループさんのこだわりは凄かったですね。
また伺ってみたいと思います。


Fans:Fans


Post by

スポンサーリンク