T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)

私のレポートでも何かの参考になれば幸いです。 こちらではハンバーガーと築地以外のグルメ関連情報についてお届けしています。

こちらではハンバーガーと築地関連ネタ以外のグルメネタをまとめています。
その他の活動はこちらのプロフィールからどうぞ。
http://profill.me/logtaka

和食

スポンサーリンク

新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨

新宿南口で新潟、佐渡を感じることの出来る店!
多彩なレイアウトは仲間でも接待でも活用できます。
いかの踊り造りはあればラッキー!
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_05 By:logtaka
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_05 By logtaka

いかの墨 新宿駅南口店
オヒシャル
http://www.yonekura-group.jp/ika_shinjuku/
いかの墨 新宿駅南口店 ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/sgjgfmew0000/

場所は新宿南口から徒歩数分のエリア。
その昔、よく居たエリアですねー。
だいぶ久しぶりにここのマクドナルドさんの前通りました。
マクドナルドさんを折れて少し歩くと左側に
立派な杉玉が見えてきます。(もしかしたら季節に寄るかも)
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_01 By:logtaka
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_01 By logtaka


店内は2フロア構成になっていて、
2Fフロアはオープンフロアで居酒屋風の雰囲気、
3Fフロアは全室完全個室の構成です。
今回は3Fにお邪魔してみました。
ゆったりとした個室はとっても居心地の良い空間ですね。

まずは、生ビール。
サントリーのプレモルの香るエールがあったので
そちらにしてみました。
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_02 By:logtaka
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_02 By logtaka



頂いた食事のいくつかをご紹介しますとー
スタートの刺盛りはこんな感じで。
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_03 By:logtaka
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_03 By logtaka


見た目にも豪華な感じですが、
今回はホウボウが特徴的でしたね。
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_04 By:logtaka
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_04 By logtaka


ホウボウって、砂地に居るのですが、
ダイビングしている時によく見かけたものです。
白身の刺身で魚らしい味が楽しめます。



オススメされて追加でお願いしたのはこちら。
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_06 By:logtaka
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_06 By logtaka


活イカの踊り造り
おそらく、直前まで活きていたんですね。
綺麗にお造りになっていますが、
途中で元気な頭が暴れていました(笑

そして、
足の部分は今一度引き上げて頂き、
天ぷらか唐揚げにして頂けます。

今回は唐揚げで。
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_07 By:logtaka
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_07 By logtaka






焼き魚は喉黒を頂きました。
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_08 By:logtaka
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_08 By logtaka

相変わらず脂ののりがよくって、
うなる美味さ。
喉黒美味いよなー。






お酒も新潟の酒が揃っています。
今回はドリンクフリーのコース(6000円)だったのですが、
追加で500円だけで地酒もドリンクフリーの対象になります。
私の好きな緑川があったのでこちらを。
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_09 By:logtaka
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_09 By logtaka

定番どころの千寿も頂きます。
こちらでは、常時15種類程度の日本酒もドリンクフリーで
揃っていて、スタッフさんも相談に乗って頂けるので
お好きなお酒が楽しめるかと思います。
※別料金でさらに他の種類も揃っていました。





〆のご飯物は土鍋でやって参りました。
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_10 By:logtaka
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_10 By logtaka

蓋をあけますと、、、、
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_11 By:logtaka
Photo:2017-03-03_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨_11 By logtaka

お店の方により手際よく混ぜられて、
よそっていただけます。

イクラと鮑の釜戸炊き土鍋ご飯
鮑の旨味の染み出したご飯に、
後乗せのイクラがいいアクセントでした。




個室のご担当は完全に決まっているわけではないのですが、
多く足を運んで頂いた方は、もともとこちらのお店の
新潟にあるお店にいらっしゃった方で、
今は新宿のこちらのお店にいらっしゃいました。
郷土愛溢れる接客と説明がとっても心地よくて、
ほっこりしました。

また伺いたい良いお店でした。






関連ランキング:居酒屋 | 新宿駅南新宿駅代々木駅



Post by

知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八

福岡市の薬院エリアにあるとりやきの専門の店。
鹿児島県産の知覧鶏を中心に刺身、炭火焼を中心に、
鶏の美味しいところを楽しめます。
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_06 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_06 By logtaka

とりやき八 薬院店
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/s2nm41x60000/



うーむ。
福岡は美味いものがほんといっぱいなのですが、
今回お連れ頂いた店は本当に良かったですね!




元々、大橋の方にある「とりやき八」さん。
どっかの評価本のリーズナブルな方にも選出された
ことがあるとか。
まぁそんなことはどうでも良いのですが、
そこの2号店が薬院に出来て、雰囲気も少し違うとか。






大橋の1号店の10年来の常連の仲間に誘われて、薬院の店へ。
地下鉄の薬院大通駅と西鉄の薬院駅の間くらいのエリア。
4軒の店舗が入っているちょっとオシャレ系のビル。
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_01 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_01 By logtaka

ビル脇の路地っぽいところを奥に進むと、
凛とした外観の店の入口が。

店内入りますとオープンキッチンを囲んだ
カウンター席が並びます。
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_02 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_02 By logtaka
お店の方との距離が近く、提供頂くものに、
嘘がなく自信もあるという点で好感が持てます。
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_03 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_03 By logtaka









とりやきの銘店ってことで、
コース提供もありますが、
この日は好きなの頂きましょ。
って、ことで、アラカルトで。

鶏は主に鹿児島の知覧鶏を使われているとか。
(もちろんその時に寄ると思います)








まず、最初はつくねを。
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_04 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_04 By logtaka


卵も添えてありますが、ずるい美味しさ。
地鶏のつくね凄!







刺身はこんな感じでご用意頂きました。
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_05 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_05 By logtaka

この日は、もも肉、ささみ、砂肝、むね肉という具合。
それぞれの部位毎の特徴がありますが、
知覧鶏は歯ごたえがある旨味のある鶏。
刺身はダイレクトに楽しめますね。








焼ものの盛り合わせをスタート!
カウンター席の角という絶好の席位置!
イケメンスタッフさんが焼き始めてくれます。
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_07 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_07 By logtaka

ももからスタート。
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_08 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_08 By logtaka

その後、焼き手は割烹着姿のキュートな女性スタッフさんに。
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_09 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_09 By logtaka

ささみ、砂肝、ソリレス、
骨抜きの手羽、ぼんじり、むねなどなどと
展開されていきました。
スタッフさんが笑ってるのは笑わせているからで、
もちろん真摯に鶏と焼きに向き合ってらっしゃいます。
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_10 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_10 By logtaka

しかし、スタッフさんがみんないい感じでとっても
気持ちのよい店ですね。









一通り焼物は終わり満足はしていたのですが、
もうちょい呑むかーってんで、
(フライト時刻を睨みつつ(笑



あてに選んだのは、、、

ごまどり!
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_11 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_11 By logtaka

ゴマサバぢゃ無いですよー
とりやきの店ならではのごまどり美味い!
ごまダレ舐めたかったけど我慢したよー。







白肝の和風パテ

なんと、バゲッドはとりやきに使っていた
炭火でこんがりと焼き上げてからの、、、
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_12 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_12 By logtaka

パテをのせて頂けます。
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_13 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_13 By logtaka
この日は焼酎中心にのんびりやってましたが、
ワインの品揃えもなかなか。
店の雰囲気的にもワインと合わせている
馴染み風のお客様が楽しんでらっしゃいました。

お酒も梅酒、地酒、焼酎、ワインと揃っているので、
お好みに合わせて楽しめるかと思います。







もう一品、美味しく頂いたのはこちら。

ぢどりのワンタン
自家製鶏辣油そえ。
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_14 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_14 By logtaka

熱々で提供頂けます。
辣油も辛さもありますが、旨味が強くて
ワンタンの味を引き出します。








そろそろ時間も迫ってきたので、
美味しそうな〆を。
悩んだ末全部(笑


親子丼
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_15 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_15 By logtaka

鶏そば
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_16 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_16 By logtaka

とりめしおにぎり
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_17 By:logtaka
Photo:2016-12-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_知覧鶏の饗宴がダイナミックなカウンターで【薬院】とりやき八_17 By logtaka


いずれも鶏の店の定番の締め物ですが、
流石に美味い!!
それとリーズナブルな価格設定で、
大きさもだいぶ小ぶりなので、
さくっと頂けますね。

今回はいろいろ食べたかったので、
別添えでお皿も頂いてみんなでわいわいと
楽しみました!






この日一緒だった女性は、スイーツよりお酒と食の
方がお好みの方だったので、スイーツ写真は
ありませんが、焼きプリンやアイスなどの
スイーツも少しありました。



いやー
素敵な店にお連れ頂けました。
また来たい良い店ですね。
ありがとうございました。






関連ランキング:焼き鳥 | 薬院大通駅薬院駅渡辺通駅



Post by

目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ 

中目黒駅より徒歩圏の東山の道を折れたところにひっそり。
引き戸の奥にはめくるめく月生田ワールドが繰り広がられます。
一つ一つに仕事の粋を尽くした鮨とつまみを楽しみました。
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _13 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _13 By logtaka

つきうだ(鮨)
オヒシャル
http://www.tsukiuda.tokyo/
中目黒の寿司 鮨つきうだ オヒシャルFacebookページ
https://www.facebook.com/tsukiuda/
Google+ローカル
https://plus.google.com/111853863163900797670/



場所は中目黒駅から10分少々ほど歩くエリア。
ドンキホーテさんを越えて曲がったエリア。
渋谷駅からバスでアプローチした方が楽かもしれませんね。
菅刈小学校バス停が至近です。
私は近隣の店に行く時はよくバスを使っています。
わりと便利ですよー。









路面に面した一段低い場所にある重厚な入り口。
控えめな「つきうだ」の文字。
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _01 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _01 By logtaka



引き戸をひくと、
玄関口になっていて、和装の女将が迎えて頂けます。
履物を脱いで畳の小上がりになっていて、
白木のカウンターがのびていました。




先日、伺った鮨の店でもカウンターの端に、
仕切りがあって個室として使える箇所があり、
今回もその様な席にご案内頂きました。
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _02 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _02 By logtaka



店主の月生田氏。
月生田氏の繰り出す素敵な時間を楽しむことが出来ました。








こちらのお店。
基本はおまかせのコースのみ。
つまみ、焼物、握り、巻物、椀で構成されます。

そのいくつかをご紹介致します。





蒸鮑
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _03 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _03 By logtaka

肝醤油の仕上げで、
肉厚でぷりっとした食感が最高ですね。









くえの刺身 三重産
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _04 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _04 By logtaka

くえと言うとどうも水中で出会ってた印象が
色濃く残っているのですが(スキューバダイバーでした)
言わずと知れた高級魚。
詳しくは伺いませんでしたが、
おそらくいい感じに寝かせているんでしょうね。
2切れですが、
1切れ目は煎り酒で。
2切れ目は山葵醤油で楽しみました。







驚きの逸品。
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _05 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _05 By logtaka

煮蛸
そのままでいただきましたが、
トロッととろけるなんとも言えない食感。
これは素材ではなく仕事なんだろうなーと
思った驚きの味。これは美味いですね。








小肌握り
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _07 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _07 By logtaka

江戸前の華 コハダも頂きました。
鮨になることで美味さが増すと言われるコハダは
頂けると嬉しくなりますね。









トロ
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _08 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _08 By logtaka

もうご用意頂いた時点で
口に広がる旨味が思い浮かびますが、
口にして再確認。








喉黒の照焼
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _09 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _09 By logtaka

シャリに乗せた喉黒。
喉黒の最高の脂身を照焼で仕上げるんですか。
そうですか。。。。


凄い。
美味過ぎた!










と、ここで、土瓶蒸しが登場。
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _10 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _10 By logtaka


ここで土瓶蒸しですかー。
クエの身を出汁に仕上げたそうで。

もちろん松茸も入っていますし、
添えられたスダチで味の変化を楽しみつつ、
香りを楽しむ贅沢な逸品。
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _11 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _11 By logtaka










車海老
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _12 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _12 By logtaka

このねっとりとした食感はなんなんでしょうね。
海老もいろいろありますが、
この車海老の仕上げはそうとう好みの感じでした。











甘鯛の塩焼
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _15 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _15 By logtaka

焼物は嬉しいことに甘鯛でした。
甘鯛追いかけてる方がいらっしゃいましたが、
私も甘鯛大好き。
美味いですよねー
こんな少しでなくてーなんて思いますが、
このくらいで美味さの詰まった甘鯛が良いんですよね。









最後の一品はこちら。
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _16 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _16 By logtaka

穴子
こちらの穴子。
ツメのお味かと思ったら、
スダチを使った爽やかな仕上げ。
こちらには驚きました。




Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _06 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _06 By logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _14 By:logtaka
Photo:2016-11-01_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_目黒東山の路地にひっそり佇む鮨の腕を堪能【中目黒】つきうだ _14 By logtaka



中目黒の落ち着いたエリアにひっそりあるこのお店。
まだ開店間もないとのことでしたが、
人気の店になる日も近いなーと感じた素敵な店でした。








あと、お店とは直接関係ないのですが、
オフィシャルサイトの完成度がかなり良いなーって印象。
アクセシビリティというかスマートフォンでもPCでも
とっても見やすく素敵なサイトですね。
良いWeb業者さんと出会えてるんだなーって、
ちょっと思いました。
こういうこともとっても大事だと私は思います。




関連ランキング:寿司 | 中目黒



Post by

上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰

あの上越やすださんの新ブランド。
田喰 と書いてTAKUと読みます。
上越の美味さ満喫の夜を過ごせます。
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _05 By:logtaka
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _05 By logtaka

上越の恵 田喰 TAKU 銀座店
PUZZLE GINZAオヒシャル
http://www.puzzle-ginza.jp/flo05/
5F 和食ダイニング 上越の恵 田喰 TAKU ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/ebnxy53n0000/
Google+ローカル
https://plus.google.com/111750284392059158278/

銀座一丁目駅と直結のとっても便利な場所にある、
飲食を中心としたビル。PUZZLE銀座さん。
ついに全部埋まったんですねー
私が某人気餃子店に行ってる頃、
まだ他のフロアは工事中でした(笑

ピカピカの綺麗なビルで、
銀座一丁目駅からは直結。
銀座駅、有楽町駅などからも徒歩数分の距離は
とっても便利に使えますね。


今回のお目当ての店は、
上越の恵 田喰さん
たく って読みます。
上越と聞いてちょっとピンとくるのは。。。


そう上越やすださん。
私のブログでも2回ほど登場していますね。

【恵比寿】上越やすだ(和食)酒を頂く前に胃に負担をかけない為にコシヒカリを!
http://logtaka.blog.jp/archives/8416448.html

新潟の美味いところを堪能するならこちらで【新橋】上越やすだ
http://logtaka.blog.jp/archives/9193638.html

今回の上越の恵 田喰さんは、
上越やすださんの新業態。
(PUZZLE銀座さんのサイトに書いてあった!(笑
それはそれは。。。

ご飯と酒が美味いに違いない!!!

って、ことで期待して伺ってみました。







エレベーターで上がりましてお店の中に。
スタッフさんににこやかに迎えて頂きます。
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _07 By:logtaka
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _07 By logtaka
恵比寿も新橋もそうでしたが、
皆さん、とっても感じが良いんですよね。
新潟出身だったり、新潟の酒や米が大好きな
話をして頂ける方も居たりして、
なかなか楽しいのです。




スタートの盛り合わせはこんな感じで。
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _01 By:logtaka
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _01 By logtaka

白胡麻豆腐、卵焼、海老の旨煮、鴨のロースト、バイ貝旨煮
手前ピント写真で背景的にボケちゃってますが、
ココはバイ貝が頭一つ上だったかなー?







刺盛りはこちら。
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _02 By:logtaka
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _02 By logtaka


注目すべきはドロエビですかねー。
正式名称はトゲクロザコエビって言うらしいです。
一般呼称でドロエビとかガスエビって呼ばれているそうです。
新潟から北陸にかけて取れるそうですが、
生食で頂くのは本当に難しいそうで。
見た目はちょっと、、、なのですが、
お味は抜群!
狙って頂ける食材ではないので、
ココで紹介してもなんなのですが、
新潟から直送の魅力ってことで。



天ぷらはこちら。
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _08 By:logtaka
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _08 By logtaka

新潟と言えば、するてん!(笑
一夜干しの汐スルメの天ぷらだそうです。
意外と上越以外では見ない品とのこと。
全然普通なんですが、酒にあって美味い!



里芋の鬼胡椒田楽
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _09 By:logtaka
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _09 By logtaka

新潟県五泉市の銘品の里芋に
上越特産の鬼胡椒と合わせた、
酒が進んでしまう逸品。





で、どんだけ呑ますんだ?(笑

さっきから酒にあう話しばっかり(笑
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _06 By:logtaka
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _06 By logtaka


これはほんの一部ですが、
その日の用意出来る日本酒は別途リストがありますし、
お店の方も詳しいので、お好みをお話して、
オススメして頂くと良いと思います。



もうちょいご紹介。
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _03 By:logtaka
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _03 By logtaka

大山地鶏の塩麹焼き かんずり添え
美味しさは説明するまでもない大山地鶏に
万能うま味調味料として有名な塩麹とともに焼き上げ、
かんずりとは妙高にある調味料の会社のブランド。
刺激的な辛さの調味料は新潟エリアの老舗会社さんのモノ。
鳥焼きとはベストマッチですね!




そして、
メインとも言って良い、土鍋炊きご飯。
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _04 By:logtaka
Photo:2016-10-28_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_上越やすだの新ブランドで新潟の食と酒を【銀座】上越の恵 田喰 _04 By logtaka

米どころ新潟の魅力全開の逸品です。
こちらは説明するまでもない美味しさで。


また銀座エリアに良い店が出来ましたね。
ランチ営業もされているようで、
1000円そこそこのラインナップみたいなので、
近いうち再訪してみようと思います。






関連ランキング:郷土料理(その他) | 銀座一丁目駅銀座駅有楽町駅



Post by

コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬

コリドー街の新橋よりエリアの路面に面した場所に
2016年06月に鶏・楽・酒をキーワードにした店がOpen
鶏はなんでも美味いですが東京しゃもをぜひ!
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_15 By:logtaka
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_15 By logtaka

神籬(ひもろぎ)(鶏料理)
オヒシャル
http://himorogi.tokyo/
和モダンの鶏料理なら【銀座 神籬 HIMOROGI ひもろぎ】 オヒシャルFacebookページ
https://www.facebook.com/ginza.himorogi/
オヒシャルTwitter
https://twitter.com/ginza_himorogi
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/8esdbbdf0000/
Google+ローカル
https://plus.google.com/112978424179922563325/

場所は銀座コリドー街の新橋駅寄り。
ガード下ではなくって、通りの反対側ですね。
この街も入れ替わりが激しいですねー
かつて、何度か伺った店があった場所と思います。

現在は、こんな素敵なサインのある地鶏料理がメインの
店になっています。
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_08 By:logtaka
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_08 By logtaka


外装はとっても素敵なのですが、
フードはとってもリーズナブルで驚きました。







生ビールはマスターズドリーム。
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_09 By:logtaka
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_09 By logtaka

ビールにもこだわっていることがわかりますね!






鶏始めにつくねから。
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_10 By:logtaka
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_10 By logtaka

神籬特製自家製つくね温泉卵付
うむ。この先に期待しちゃう美味さですね。





鶏の店で、こだわってる店にはありますよね。
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_11 By:logtaka
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_11 By logtaka

こちらは金針菜の串焼き。
これ美味しいんですよねー
中華の食材らしいです。
たまたまこちらを頂いたのは鶏の店でした。




串盛り
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_12 By:logtaka
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_12 By logtaka

東京しゃもと水郷赤鶏の2種類の鶏を
それぞれ3本ずつ。
どちらも美味いのでなんとも言いにくいのですが、、、
奥側のねぎま、もも、ささみが赤鶏
手前側のぽんじり、せせり、砂肝が東京しゃも
まずチョイスが良いなーってのが感想ですが、
東京しゃもは歯ごたえがウリで、
水郷赤鶏はジューシーさがウリ。
この組み合わせで用意されるのは、
鶏の魅力を引き出す組み合わせですね。




鶏肝の生姜醤油漬け
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_13 By:logtaka
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_13 By logtaka

さすが鶏の店。
肝も絶妙な味わい。




骨付き満点もも肉一本揚げ
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_14 By:logtaka
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_14 By logtaka

なんか盛り付けがクリスマスのような
綺麗さですが、
切り分けて頂けて、すっかりつまみに(笑
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_16 By:logtaka
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_16 By logtaka

熱々が美味しいですよー






東京しゃもの胸肉一枚焼き
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_17 By:logtaka
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_17 By logtaka

こちらは、柚子胡椒とベストマッチ。
胸より腿好きですが、
これは美味いかも!







シメには、こちらを。
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_18 By:logtaka
Photo:2016-10-21_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_コリドー街の東京しゃもをはじめ鶏にこだわった店で【銀座】神籬_18 By logtaka

鶏の旨い店の親子丼は絶対に美味い!
って、思ってこちらをチョイス。
期待通りー




ざざっと紹介してみましたが、
何より驚いたのは、、、、

なんだかお料理の価格設定がお安いのです。
ドリンクはまぁ銀座エリアの普通の価格かな?
コースにドリンクフリー付けたら、
かなりリーズナブルな内容かとー
人気が出てしまう前に行かないと?

で、私はランチにも来ないとね!
というか来ます(笑






関連ランキング:居酒屋 | 内幸町駅新橋駅銀座駅



Post by

落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵

西麻布交差点からすぐの場所にある店。
店内入ると静かな席に案内頂けます。
おまかせ握りを楽しみました。
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_12 By:logtaka
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_12 By logtaka

鮨 葵 西麻布
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/pvx7bjs70000/
Google+ローカル
https://plus.google.com/107713065944064990258/




六本木の喧騒から、
西麻布方面へ足を運ぶと
徐々に落ち着いた雰囲気に。

好きな店も点在する西麻布の交差点を過ぎ、
少しばかり歩んだ先にこちらのお店はあります。
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_01 By:logtaka
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_01 By logtaka

六本木通り通り沿いのビルの1Fにありながら、
少しだけ道路と距離があるからだろうか?
うるささは微塵も感じられず、
静かな空間が楽しめます。




こちらのお店。
カウンター席と、テーブル席という、
鮨の店では一般的な席配置。



ですが、
カウンター席に可動式の仕切り壁があり、
個室のカウンター席が用意出来るのです。
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_02 By:logtaka
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_02 By logtaka

繁忙状況により、まちまちとは思いますが、
板前さんを独占して楽しむ鮨とは、
ちょっと贅沢な楽しみです。










スタートはこちらから。
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_03 By:logtaka
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_03 By logtaka


青森県十三湖のしじみ汁から。

そう、このスタートはあそこと一緒です。

白木カウンターで頂くおまかせ鮨で最高の夜を【銀座】すし縁
http://logtaka.blog.jp/archives/9194058.html

詳しいことは聞きませんでしたが、
銀座コリドーそばのエリアでも
楽しませて頂いた店が、
次の店ということだそうです。







こちらのお店もつまみと握りを織り交ぜて
20数種類も楽しませて頂ける店。
もちろん苦手な食材などがあれば、
事前に確認いただけますので心配の必要は
ありません。






いくつかをご紹介。
焼き物は、銀鱈の西京焼き。
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_05 By:logtaka
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_05 By logtaka


銀鱈の西京焼きとだけ聞くと、
いつも食べてるって思うんですが、
一味も二味も違う逸品でしたね。
口に広がるこの美味さは一体なんでしょう?(笑
添えてある味噌田楽も銀杏も最高でしたね。







続いてぐっと来たのはこちら。
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_06 By:logtaka
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_06 By logtaka

新秋刀魚の肝のせ
赤シャリの上に秋刀魚がよくあいますし、
肝と合わせるのも新鮮さの証ですね。










青森産 鮃の昆布締め
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_08 By:logtaka
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_08 By logtaka

見た目にも美しい透き通り具合ですが、
お味はすだちで仕上げていて、
非常にさっぱりとした味。
濃厚さと爽やかさを楽しめます。






ちょっと嬉しい温かい一品。
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_09 By:logtaka
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_09 By logtaka

本ずわい蟹と松茸の茶碗蒸し。
茶碗蒸し好きとしてはあと2杯くらい
食べたいところでしたが、
秋の香りを感じる品でした。








定番とも言えるのかな?
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_10 By:logtaka
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_10 By logtaka

いくらの小丼を。
どこ産とか聞きそびれましたが、
プチプチ具合が絶妙な新鮮そのもの。
ご飯といくらの量が絶妙でさくっと頂きます。


コハダは熊本産
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_11 By:logtaka
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_11 By logtaka

コハダって、なんだかいつも板前さんが
イキイキして出してくれるんですよね!
酢締めの出来具合が最高!って思って
ご用意頂けるんだと信じてますが、
こちらのお店も美味いです。










ココでこちらを
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_13 By:logtaka
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_13 By logtaka

大トロの梅しそ添え
大トロは濃厚な味が口の中に広がる逸品で、
最高に美味いのですが、
添えてある大根に梅しそ、そしてねり梅
これが口の中をすっきりリセット。
そんな気遣いも素敵。









巻物はかんぴょうで。
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_14 By:logtaka
Photo:2016-10-17_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_落ち着いた空間で繰り広げられる鮨とつまみの競演【西麻布】鮨葵_14 By logtaka

自分で巻くスタイルですね。
パリッとした海苔とかんぴょうが
ベストマッチですね。








この落ち着いた雰囲気で、
このレベルの鮨が楽しめる店。
銀座に続き、西麻布でも楽しめるなんて、
良いお店に連れて行って頂けました。
また今度は自分で企画したいと思います。






関連ランキング:寿司 | 広尾駅六本木駅乃木坂駅



Post by

めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ

都立大学駅より徒歩数分なのに静かなエリアにひっそり。
「めでたい」から由来した店名は「めでたし」までの過程を表します。
酒肴が楽しめる素敵空間に伺いました。
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_08 By:logtaka
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_08 By logtaka

メデ・イタシ
Google+ローカル
https://plus.google.com/105806631315950791798/


都立大学駅から徒歩2分圏内にあるこちらのお店。
駅にはわりと近いんですが、
すっかり住宅街雰囲気の静かなエリアにひっそりと。
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_01 By:logtaka
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_01 By logtaka




まさに隠れ家とはよく言ったもので。
コの字型に囲ったカウンター席と、
テーブル席が2つほど。
落ち着いた時間が流れる店構えです。


メデ・イタシの店名の由来は、
“めでたい”の語源から、
“めでたし”になるまで過程を楽しんで欲しいとの思いとのこと。
素敵な由来ですね。




この日はオーナーのお話も伺いたかったので
カウンター席に。

ファーストドリンクは、
店のオススメの酒や焼酎とも思ったのですが、
ドラフトのスーパードライも洗浄、注ぎとも
頑張ってるっておっしゃってたのでl
そちらで。
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_02 By:logtaka
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_02 By logtaka


はい、なかなか良い感じ。
ビールが頂ける方は是非。




オススメのアテ系を頂き始めます。

〆鯖のガリ和え
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_03 By:logtaka
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_03 By logtaka

〆鯖ねーって思って頂いたところ。。。
ガリとこんなに合うんですねー
これは意外な逸品。




カストリって知ってますか?
元々は粕取り焼酎が語源らしいのですが、
戦後の密造の焼酎なんかをさす俗称だったこともあり、
粗悪品のこと代名詞だったりしたそうです。
こちらのお店でカストリと称しているのは
本来の粕取り 日本酒の蔵が酒を搾り取ったあとの
酒粕を蒸留して作られた本格焼酎のことをさしています。

メデイタシのメニューでは日本酒でも有名な
佐賀県の天山酒造 の 七田(しちだ)が
オススメでしたのでそちらで。
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_04 By:logtaka
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_04 By logtaka








メジナの刺身
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_05 By:logtaka
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_05 By logtaka

こちらにはカラスミがかかっていて、
一手間のシゴトがきいています。





和牛のすじ煮込み 煎り酒ポン酢
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_06 By:logtaka
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_06 By logtaka

煎り酒とは、
日本酒に梅干しなどを入れて煮詰めたもの
素材の味を活かした調味料として、
自然派のメデイタシにはぴったりな手法。
牛すじの美味さを引き出します。








煮魚は黒板メニューですが、
この日はイサキをオススメ頂きました。
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_07 By:logtaka
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_07 By logtaka

そこそこのお値段だったので、
どんなもんかと思ったら、
かなりのダイナミックサイズで。
煮汁の染み具合も最高で、
よいツマミになりました。







気になっていたこいつは頼まないと。
というわけでご飯です。
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_09 By:logtaka
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_09 By logtaka

この日は佐賀のコシヒカリ。
土鍋の炊き上げって美味しいですよねー
文句なしの美味さで。





終わりにしようかと思ったところ、、、





もうちょい呑みたかったので

鯖のへしこ
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_10 By:logtaka
Photo:2016-10-14_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_めでたいへ!隠れ家とはよく言ったもの【都立大学】メデ・イタシ_10 By logtaka

なんかこんな魅力的なメニュー並んでたら
頼んでしまいます(笑

〆鯖もうまかったしなー
ヘシコは鯖を塩漬けにして、
さらに糠(ぬか)漬けにした
郷土料理の保存食。
そして、お酒に合うんですよ。
こんなのつまんで話は尽きません。




良い店を紹介頂きました。
東横線は活動圏内なので、また寄りたいなー。




関連ランキング:居酒屋 | 都立大学駅



Post by

麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎

水道橋エリアの路面店。食べ放題呑み放題の店と侮ることなかれ。
徹底した価格へのこだわりとクオリティへのこだわりが、
こんなしゃぶしゃぶが頂けるという幸せに。
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_03 By:logtaka
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_03 By logtaka

しゃぶ蕎麦小次郎水道橋店
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/62kst8nj0000
Google+ローカル
https://plus.google.com/112228240140430938179/





ちょっと夕食&飯で立ち寄った店。
外観で「まぁ食べ放題ねーふーん」って思ったけど
意外に良い内容で驚いた!
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_01 By:logtaka
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_01 By logtaka





場所は水道橋の駅から数分程度。
神保町エリア、九段下エリアも使えます。




店内は明るく清潔で若いにこやかなスタッフさんが
迎え入れてくれます。






席に案内されて、簡単にシステムの説明。
要は、、、

ほとんど食べ放題、呑み放題。
トッピングなどに少し別注あり。
ドリンクは通常は安いチョイス(もちろんこれでも充分)
+500円でビール含めたプレミアムドリンク。
さらに、ワイン、日本酒の一部が原価提供とのこと。





ほほー。
まずはしゃぶしゃぶ食べましょうか。






しゃぶしゃぶのメニューは、
  • 麦富士豚バラ
  • 麦富士豚ロース
  • 麦富士豚肩ロース
  • 大山鶏しゃぶ
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_04 By:logtaka
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_04 By logtaka



麦富士豚って?
http://www.akatsukaya.co.jp/mugifuji.php
株式会社赤塚屋


カナダ産の日本人向けのプレミアムポークだそうな。
ま、たしかに食べやすいかなー。
あまりしつこくなくって。

こちらのお店のしゃぶしゃぶは、
まずはいっぱいにネギを投入!
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_02 By:logtaka
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_02 By logtaka

そして、そばつゆで頂いたり!
これがまた良いですね。

私は、ゴマダレ+ラー油が大好きなので
そっちをメインに楽しんでましたが、
味を変えても楽しめるのは良いですね。











酒をどうする?
で、悩んだのですが、四合瓶くらい
呑んでしまうかなー?

って、ことで一番上に書いてあった
浦霞膳で。
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_08 By:logtaka
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_08 By logtaka

ちょっと期待していた感じとは違ったけど、
これはこれで美味いね。









もういくら食べ放題だからって、
死ぬほど食べるような若さでは無いので、
ちょこちょこっと。





豆腐バーなんてあるんですね。
豆腐好きには嬉しいですね。
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_05 By:logtaka
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_05 By logtaka







天ぷらは特筆するほどでは無いですが、
ちょっと気分転換にも良いですね。
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_07 By:logtaka
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_07 By logtaka













釜飯はテーブルで炊き上げる方式。
ちょっとおもしろいのでお願いしてみました。
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_09 By:logtaka
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_09 By logtaka



この状態から30分くらいの時間で出来上がります。




チョイスは、あさりや山菜、シンプルに銀シャリもありますが、
チョイスは鶏ごぼうが美味しそうでしたのでこちらで。
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_11 By:logtaka
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_11 By logtaka














そして、
そばでシメ。
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_10 By:logtaka
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_10 By logtaka

あ、もちろんお代わりしても良いですよ(笑
しませんけど(笑


というわけでご馳走様でした。








なんか、ちょっと前だと、
こういう店って、とっても高級店な感じだったと
思うんですよねー
国産豚ではなく、輸入豚とかも理由はあるかもですが、
価格破壊が激しいですし、
それでいて内容は悪くない。



そば粉の製粉所が店内にあるんですよー
(既視感(笑

Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_06 By:logtaka
Photo:2016-09-19_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_麦富士豚と大山鶏しゃぶをそばつゆで【水道橋】しゃぶ蕎麦小次郎_06 By logtaka


悩ましい状況になってまいりました(笑








関連ランキング:しゃぶしゃぶ | 水道橋駅九段下駅神保町駅



Post by

貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音

秋葉原エリアの若干静かな場所の地下にひっそりとある店。
海鮮居酒屋と同系列の強みも全面に押し出して楽しめる店。
貝とぬる燗を楽しむならこちらの店へ!
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_10 By:logtaka
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_10 By logtaka
   
潮音(しおん)(居酒屋)
オヒシャルFacebookページ
https://www.facebook.com/Sionkainurukan/




貝って美味しいですよねー?


海鮮、魚介、などの中でも、
貝は足が早かったりして
扱いにくいこともあったりするのかしら?
そんな貝を専門的に扱っている店に伺いました。





場所は秋葉原駅より御徒町方面に少し歩いたエリア。
ルートによっては、御徒町駅から歩いても歩けますね。
秋葉原駅前の喧騒感からは少し落ち着いた感じ。

とあるビルのB1にあります。
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_01 By:logtaka
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_01 By logtaka







後で伺ったのですが、
すぐ隣の1Fにある、秋葉原漁港 快海さんとは、
系列店だそうで。

潮音さんは見るからに、

 「貝と酒のことは俺に聞け」

とでも言わんばかりな、
頼りがいのありそうな大将と、
若くて元気なスタッフさんで構成されていました。





ところが、最後の方で若いスタッフさんが
居なくなった気がして、
あれースタッフ帰しちゃったんですか?
って、伺ったら実はそんな体制になってるとか。

なるほど。

その時にさらに言われたのが、
刺身系と貝系である程度住み分けをしているとのこと。
なので貝専門の店でも美味しい刺身も提供可能と。
なるほどねー。











さてさて、
店内はB1に降りたところですが、
とってもコンパクト
数席のカウンター席に4人テーブル席が2つ
という構成。

店主の目が届きまくり?って感じでとっても良いかも。
今回はテーブル席に案内いただきました。



スタートにしじみの潮汁
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_03 By:logtaka
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_03 By logtaka

肝臓に良いのはよく知られた話し。
心遣いが素敵ですよね。









貝のお店ですが、
刺身もさすが!
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_04 By:logtaka
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_04 By logtaka

この時期に嬉しいシンコ
シンコにこだわってる店。
いいですよねー。










貝の盛り合わせはさすがの内容
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_06 By:logtaka
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_06 By logtaka

サザエ、北寄貝、粒貝、バイ貝なんて組み合わせ。





イタヤガイの酢味噌和えとかずるいです(笑
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_07 By:logtaka
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_07 By logtaka









あまり他所では見かけないのはこちら。
チャンバラ貝、亀の手
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_09 By:logtaka
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_09 By logtaka

結構グロいですよねー(苦笑
これが実は美味しいんです。





そして最後は炊き込みご飯で。
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_11 By:logtaka
Photo:2016-08-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_貝とぬる燗専門店 こじんまりとした落ち着く雰囲気【秋葉原】潮音_11 By logtaka




うむ。
この店は大将に任せつつ楽しむのが良いなー
貝も美味しいし好きだけど知識が足りないしなー
この日は呑まなかったんですが、
ぬる燗にあう日本酒が揃っていて、
再訪を誓いたい店でした。




関連ランキング:居酒屋 | 秋葉原駅末広町駅岩本町駅



Post by

ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木

横浜駅至近のスカイビルの上層階に位置する店。
窓からは横浜の魅力的な夜景を望む素敵な個室が並ぶ店。
料理長の腕を振るった懐石料理が楽しめます。
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_08 By:logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_08 By logtaka
         
横浜 星のなる木
オヒシャル
http://www.ginza-cruise.co.jp/y-hoshinonaruki/
横浜 星のなる木

ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/s8dcg2ba0000/





クルーズクルーズ系列の和食の店。
以前は、青山と池袋に伺っていますね。

本格日本料理を個室で魚も肉も!和の魅力堪能 【青山】星のなる木
http://logtaka.blog.jp/archives/8822276.html

言葉を失う美しさの夜景の中で楽しむ懐石【池袋】星のなる木
http://logtaka.blog.jp/archives/9174783.html









こちらの系列は、
基本はコース仕立てで、
個室での会食という使い方。

ビジネスミーティング、親戚などの集まりなんかにも
おすすめできます。

今回も、フルコースでお願いしました。








まず、こちらのお店のロケーションですが、
横浜駅から雨にも濡れずに伺えるビルにあります。
スカイビルの28F
YCATと言えば旅慣れた方にはよくわかるかと思います。
あちらのビルの上層階にあります。








今回も個室利用でしたが、
窓からの景色は星のなる木の店名にも
しっくりと合う素晴らしい夜景です。
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_01 By:logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_01 By logtaka








横浜って、
田舎者の私には、ちょっとお出かけエリアで、
古き良き雰囲気と近代的な雰囲気が融合している
不思議なエリアで、今は交通の便も非常に良くなったので
ついつい訪れてしまう場所です。

案内された部屋からの夜景は近代的な雰囲気の方ですね。
ちょうど見える場所では、昔、ブライダルパーティに
呼ばれたこともありましたね。
見切れていますが、右手の方には某メーカーの研究施設があり、
新製品発表前の内覧に伺った記憶があります。





さて、
食事のご紹介に参りましょう。
本日のコースは温故知新コース。
季節によりメニューは変わり、
その店、その店の料理長のこだわりを
再現してもらえるメニューは
いつ見てもわくわくしますね。
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_02 By:logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_02 By logtaka





・先付
すっぽんの冷製茶碗蒸し
じゅんさい、青葱、生姜
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_03 By:logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_03 By logtaka


先付けのすっぽんは、
元気になるイメージが強いかもしれませんが、
濃厚な味わいを冷製にして、
涼し気な器に用意頂くことにより、
夏の逸品として仕上がっていました。










・八寸
庭園が再現されているような、
和食の美しさが存分に表れている逸品。
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_04 By:logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_04 By logtaka

Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_05 By:logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_05 By logtaka








・椀物
鱧でご用意頂きました。
夏の椀らしい食材のチョイス。
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_06 By:logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_06 By logtaka

・造り

お造りのメインはなんと言っても鮪でしょうか。
とろけるトロが美味かった。
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_07 By:logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_07 By logtaka









・焼物
鰻の源平焼き
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_09 By:logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_09 By logtaka

源平焼きとは同じ食材を2つの見た目の異なる調理で
仕上げる和食の手法。
この日は大好きな鰻を蒲焼きと白焼きで頂きました。











・進肴
佐賀牛と夏野菜のちり酢和え
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_10 By:logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_10 By logtaka

なんか最近佐賀牛をよく頂く気がする。
野菜を牛で包んでさっぱりと。








・温物
車海老と賀茂茄子の炊き合わせ
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_11 By:logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_11 By logtaka

海老出汁餡がほっとする美味しさ。







・食事
鮎の炊き込み南部鉄器カマ焚きご飯

この日、主に担当頂いたスタッフの方。
2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_12 2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_13 2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_14
お若いですが、気配りもよく、
気持ち良い対応で、たいへん良かったと思います。
ありがとうございました。


そして、鮎がこんなに!
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_15 By:logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_15 By logtaka

一旦引き上げて食べやすくして戻ってまいりました。
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_16 By:logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_16 By logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_17 By:logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_17 By logtaka







・甘味
白桃の摺り流し
< Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_18 By:logtaka
Photo:2016-08-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ハマの夜景を眼下に望み絶品和食を楽しむ【横浜】星のなる木_18 By logtaka
br />





この日も満足な内容でした。
安心しておすすめできる会食の場という感じです。






関連ランキング:懐石・会席料理 | 横浜駅新高島駅高島町駅



Post by


follow us in feedly amnbadge-300d

食べ歩きメモ検索
T@ka.関連ブログ検索
スポンサーリンク
プロフィール




月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
食べログ グルメブログランキング ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
ギャラリー
  • 新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨
  • 新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨
  • 新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨
  • 新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨
  • 新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨
  • 新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨
  • 新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨
  • 新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨
  • 新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨
  • 新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨
  • 新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨
  • 新潟の食と酒の美味しいどころを個室で楽しむ【新宿】いかの墨
最新記事