T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)

私のレポートでも何かの参考になれば幸いです。 こちらではハンバーガーと築地以外のグルメ関連情報についてお届けしています。

こちらではハンバーガーと築地関連ネタ以外のグルメネタをまとめています。
その他の活動、連絡先等はこちらのプロフィールからどうぞ。
http://bit.ly/TakaProf

ソムリエ

スポンサーリンク

ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ

代々木上原駅の目の前という好立地にある素敵な店。
ソムリエで料理人のオーナーフジタ氏の劇場が開幕します。
この日の私の中でのイチバンはこちらの河豚のフリット
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_08 By:logtaka
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_08 By logtaka

Atelier Fujita(アトリエフジタ)(フレンチ)
オヒシャルFacebookページ
https://www.facebook.com/atelierfujita/
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/5su0e2xm0000/


2015年11月頃に、オトナ女子グルメで紹介されていて、
ココは行きたいなーって思ってチェックしてたんですが、
やっと伺えました(笑
https://www.facebook.com/otojyo/posts/1625935141001961?match=5LiK5Y6f


課題店リストも役立つなーって、
本当に思った素敵な店でした。
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_01 By:logtaka
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_01 By logtaka

というか、オトナ女子グルメの3人が凄いなー
みんな私と同じくメシコレキュレーターも
やってるんですが、
そんなの関係なく知識は明るいし表現も素敵。

いつも参考にさせて頂いています。

オト女グルメうけうりな部分もありますが、
私もこちらのお店のご紹介させて頂きます。




場所は、代々木上原駅の本当に駅前!
いろいろ出口はあるのですが「東口」を目指して下さい。
東口の辺りまで来て左手の階段を降りると、
目の前にあるレンガ風の壁の数段上る階段。
こちらがアトリエフジタさんのお店です。




フレンチのお店ですが、
オーナーシェフのフジタさんは、
ソムリエ、かつ、料理人とのこと。
ワインバーとして、ワインとアラカルトフードでも
楽しめるみたいです。

でも、オススメはコースにドリンクペアリング。
ま、呑める方は、、、って感じですけどね。



この日頂いたメニューでイチバン気に入ったのは
冒頭にご紹介したふぐを使ったフィシュアンドチップスでしたが、
一応、せっかくなので順を追ってご紹介します。


まず1品目
カボチャのスープといろいろ野菜のオープンサンド
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_03 By:logtaka
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_03 By logtaka


ペアリングはEpaule Jete Brut Sparkling
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_02 By:logtaka
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_02 By logtaka

スープには巨峰が隠れていて、
その上にアホブランコというスペイン料理の
アーモンド、にんにくのスープを泡状に。
一つ一つが丁寧でスタートから驚く。

オープンサンドは具だくさん。
ラタトゥイユにチーズですかね。

こちらのお店。
一品目にこちらをご用意頂きましたが、
アラカルトメニューでもこちらのメニューが
ありました!

そうなんです。
実はワインバーとしての側面もあり、
コース提供頂いたメニューもアラカルトメニューにも
ちゃーんとあります。
ちょっと立ち寄るなんてことも出来ますね










2品目のご紹介に。
瀬戸内のお刺身の盛り合わせ
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_06 By:logtaka
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_06 By logtaka

ペアリングには、Giardino Gaia Campania Fiano 2013
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_04 By:logtaka
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_04 By logtaka




このストーリのある美しさに驚くばかり。
白い泡状のところは、
打ち寄せる波をイメージしたもので、
昆布と浅蜊の泡です。

打ち寄せる先はもちろん砂浜。
こちらはシラスを使っています。

打ち寄せる波に乗って、
鱧にシークワーサーを合わせて爽やかに。
白身の刺身は鯛と鮃をセビーチェ(マリネ)で。
広島産のムール貝も打ち寄せます。
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_05 By:logtaka
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_05 By logtaka

こんな素敵な一皿は見たことがありません。

ペアリングも、オレンジペールの香りが、
華やかな味わい。












3品目はフィッシュ&チップス
ペアリングはVIN D'ALSACE Pinot Blanc
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_07 By:logtaka
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_07 By logtaka


かねてから某店のフィッシュ&チップスが世界一って
言い続けてきたのですが、某店で食べた河豚と張るかなー?
そして、ココはペアリングの絶妙さで越えているかも。

この日のフィッシュは潮際河豚(ショウサイフグ)
骨抜き済みでフリットしてあるので、
骨を気にせずに頂けます。
そして、、、驚くばかりのプリプリさ加減!
うーむ。

そして、レモンやりんご酢をイメージさせる酸味を
合わせて提供。
これがまた凄い。
ワインをレモンの代わりにお楽しみ下さい。と言われて
意味がわからなかったんですが、食べて納得。






4品目は、真蛸のコンフィ
ペアリングには、Il RossodaTavola 2013
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_09 By:logtaka
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_09 By logtaka


蛸は下津井産
アトリエフジタさんの定番メニューだそうです。
マッシュポテトにはチーズがいっぱい入っていて
濃厚で美味しいのです。
グリーンはお皿の柄ではなくて、パセリのオイル。
ちょっと切り分けていたら、
どんどん食べたくなってしまう逸品です。


5品目は、こめこめ豚ヒレ肉
ペアリングには、なんと日本酒!正雪が出てきました。
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_10 By:logtaka
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_10 By logtaka


メインの肉は群馬の赤城山でお米食べて育った豚だそうです。
http://autocamp-akagi.com/food/
アウトドアクッキングプラン || 赤城山オートキャンプ場 黒い外側は、イカスミとオリーブをまとっています。
この火通し感が絶妙で、豚肉の柔らかさを引き出し、
イカスミ、オリーブに胡麻系のソースと合わせて
肉の魅力を最大限に引き出します。

そして、ペアリングに噂に聞いていた日本酒が出てまいりました。
静岡県の正雪の秋あがり特別純米酒をぬる燗で。
この流れから酒が出てくるだけでも気分がアップなのに、
秋あがりがぬる燗かー。
そして、一口頂くと、紹興酒かのような香り高さを楽しめます。






期待はしていたのですが、
期待を遥かに超える素敵な店。
コースでフルに楽しむのも良いのですが、
ワインバーとして、立ち寄るのもちょっとやってみたい(笑

帰りにフジタさんに写真撮っても良いかをお願いしたら、
こんな感じ。
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_11 By:logtaka
Photo:2016-09-22_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ソムリエ料理人の拘りを極めた結果【代々木上原】アトリエフジタ_11 By logtaka


ちょっと堅いですよー(笑
笑顔が。。。(笑

また伺います。






関連ランキング:ビストロ | 代々木上原駅代々木八幡駅代々木公園駅



Post by

ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち

人形町に新たな魅力的なスポットがOpen!
野菜ソムリエとワインソムリエの競演!
グリルの野菜と肉にワインを楽しめます!
Photo:2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_05 By:logtaka
Photo:2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_05 By logtaka

炭火焼きとワイン 人形町ぱちぱち
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/du0bd3c10000/
Google+ローカル
https://plus.google.com/100317854248612946053/


場所は人形町駅と水天宮駅の間のエリア。
人形町のメインストリート「人形町通り」の一本裏手にあります。
オープン直後に伺ったので、店頭には胡蝶蘭が何鉢も。

炭火焼きとワインと銘打った、
ウッディな外装が期待させます。
Photo:2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_01 By:logtaka
Photo:2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_01 By logtaka

店内に入りますと、
右手にカウンター席と厨房、
左手にテーブル席、
奥には螺旋階段があり
2Fに案内頂きました。

全体に白木の明るい雰囲気で席間も余裕があって、
居心地の良い雰囲気。



ソムリエ常駐の店。
手書き風フォントで書かれた、
「ソムリエ小野のselection!!」メニューは
by the glassでリーズナブルでなかなか良いです!

ワインのご紹介は後ほどでー


まずは、これはみんなに食べて頂きたい。
前菜の盛り合わせ。
人数、お好みに合わせて相談も出来ますので、
スタッフさんに聞いてみましょう。
Photo:2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_02 By:logtaka
Photo:2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_02 By logtaka



ローストビーフ、パテカン、生ハムなどの盛り合わせ。

これはスタートにぴったりですね。


店内のブラックボードに人気メニューが書いてあり、
そのNo1がこちらでした。
Photo:2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_03 By:logtaka
Photo:2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_03 By logtaka

ウニとイクラのチーズオムレツ

もう、、、好きなものばかりが詰まったメニュー(笑

ふわとろのチーズオムレツに、ウニクリームソースをかけて、
きらめくイクラの粒!
人気メニューなこともわかりますねー


こちらのお店の看板メニューはこちら。
Photo:2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_04 By:logtaka
Photo:2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_04 By logtaka

肉の盛り合わせなのですが、
シェフに野菜ソムリエさんがお二人居て、
野菜の仕上げにも相当こだわっています。

炭火焼きの肉がメインなのですが、
合わせていただけるヤングコーンや、
絶妙な仕上げのズッキーニなどは、
肉と一緒に提供されて、
その魅力をさらに増しているかと思います。

さらに面白いのは、
6種類もの塩が用意されていること。
燻製はまだしも、たまごの塩とご紹介された
見たことも無い塩も体験できて面白い!

この歳になると濃い目ソースも良いですが、
シンプルな塩で合わせるのは素敵ですね。


肉の炭火焼きをもう一種類
Photo:2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_06 By:logtaka
Photo:2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_06 By logtaka

こちらは栃木和牛。
肉は脂身の入りと柔らかさで最高に美味いのですが、
やはり合わせる野菜が素敵ですね。
後で野菜ソムリエのシェフに伺いましたが、
鎌倉野菜を使っているのですが、
グリル2プレート頂いてしまったので
チョイスを悩まれたとか(笑




濃厚!渡り蟹のトマトクリームソース
Photo:2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_07 By:logtaka
Photo:2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_07 By logtaka

もうですね。。。
フィットチーネ、タリアテッレ、ちょい細めでリングイネとか
平打ちの生パスタが大好き過ぎる。
やっぱりトマトクリーム合いますねー
そして蟹。イタリア語でグランキオ。(メニューに書いてあった)
覚えておこうっと。


最後にワインをご紹介。
2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_08 2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_09 2016-06-16_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_ワインと野菜のソムリエから最高の組み合わせ【人形町】ぱちぱち_10

ソムリエさんとのコミュニケーションも楽しいひとときでした。

そして、
何よりホール担当の女性(お二人とも)がとっても良い感じで、
楽しいひと時を楽しめました。
また伺ったら、、、居るかな?(笑
ソムリエさんは居ると思うけどねー。

また伺います。






関連ランキング:バル・バール | 人形町駅水天宮前駅浜町駅



Post by

シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo

六本木ヒルズエリアのけやき坂通りに位置する店。
シェフとソムリエの繰り出すマリアージュは驚きの美味しさ。
甘鯛の松笠焼は甘鯛が絶対に好きになる逸品。
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_13 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_13 By logtaka

Jean Georges Tokyo(ジャン・ジョルジュ東京)(フレンチ)
オヒシャル
http://www.jean-georges-tokyo.jp/
JG Jean-Georges Tokyo | NYでミシュラン三ツ星付ジャン-ジョルジュの日本初上陸のレストラン オヒシャルFacebookページ
https://www.facebook.com/JeanGeorgesTokyo
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/ahdn99bk0000/
30min.
http://30min.jp/place/2416124

この特徴的な赤い食材。
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_06 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_06 By logtaka


これ、トマトではなくて卵なんです。

大分産の蘭王というブランド卵
こちらを61、2℃でじっくりと茹でるそうな。

添えられているキャビアはこのボリューム感。
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_05 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_05 By logtaka

これもシェフ ジャン・ジョルジュ氏の指示
だそうです。



こんな話を直接料理長から聞ける店。






六本木ヒルズエリアのけやき坂通りに位置する、
NY発のフレンチレストラン
ジャン・ジョルジュ東京
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_01 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_01 By logtaka

重厚な扉を開けると広がるのは、
完全なオープンキッチンスタイルのカウンター席
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_21 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_21 By logtaka

初めて、このスタイルを見ると驚くとは思いますが、
このスタイルがこの店の魅力を表しているんだな。
って、ことが後でわかると思います。




この日のメニューはこちら。

Summer Tasting

エッグトースト、キャビアとハーブ

真鯛のカルパッチョ、グリーンチリ
ピスタチオとミント

チャード コーンラビオリ
チェリートマトとバジル

大粒ホタテとカリフラワー
ケッパー・レーズン エマルジョン

甘鯛の鱗焼き ユリ根
ラディッシュとセサミソース

飛騨牛のシアード
サマースクワッシュ ハバネロ チリパウダー

バジルパンナコッタ
サマーベリー ブルーベリーソルベ

プティ・フール


ワインはペアリングでおまかせでお願いしました。

Billecart-Salmon Brut Reserve

Henri Bourgeois Sancerre Blanc Le MD de Bourgeois 2008
Domaine Lafage Cotes du Roussillon Cuvee Centenaire 2013
Trimbach Gewurztraminer 2007
Maison Roche de Bellene Meursault Les Charrons 2008
Chateau Chasse-Spleen 2008


JG Tokyoの料理長の米澤さんは、
過去にNYのJGでスーシェフまで務めた方。
まだお若いのですが、
深い経験を元に穏やかにお話をして頂き、
食事の一瞬の会話もこの店の魅力なんだと
よく分かります。




飛騨牛の炭焼き
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_15 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_15 By logtaka

炭焼きは視界に入るキッチンで仕上げて頂きます。
色鮮やかなソースは、
ハバネロソースでパプリカやガーリックで
整えられていて、ハバネロとは言え、
さほど辛過ぎはない仕上がり。
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_16 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_16 By logtaka

料理とワインは全て紹介したいのですが、
長過ぎるので、写真で失礼します。
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_02 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_02 By logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_03 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_03 By logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_04 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_04 By logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_07 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_07 By logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_08 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_08 By logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_09 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_09 By logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_10 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_10 By logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_11 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_11 By logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_12 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_12 By logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_14 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_14 By logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_17 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_17 By logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_18 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_18 By logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_19 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_19 By logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_20 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_20 By logtaka


米澤シェフの料理はバジルなどの香草や、
フルーツなどの柑橘系が多用されていて、
口にして、その美味しさ、工夫がわかりやすい。
そんな料理でした。



私たちは少し遅目の時間帯から伺ったので、
ラストゲストだったようで、
シェフ、ソムリエとも見送り頂きました。
ありがとうございました。
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_22 By:logtaka
Photo:2015-08-06_T@ka.の食べ飲み歩きメモ(ブログ版)_シェフとソムリエの競演が最大の魅力【六本木】JG Tokyo_22 By logtaka


また特別な日に伺いたいと思います。





JG JEAN-GEORGE TOKYO

Jean-Georges Tokyo
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:フレンチ | 六本木駅麻布十番駅乃木坂駅



Post by


follow us in feedly amnbadge-300d

食べ歩きメモ検索
T@ka.関連ブログ検索
スポンサーリンク
プロフィール




月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
食べログ グルメブログランキング ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
ギャラリー
  • 漢気盛り祭開催!食べれるものなら食べてみろ!【浜松町】盛男
  • 漢気盛り祭開催!食べれるものなら食べてみろ!【浜松町】盛男
  • 漢気盛り祭開催!食べれるものなら食べてみろ!【浜松町】盛男
  • 漢気盛り祭開催!食べれるものなら食べてみろ!【浜松町】盛男
  • 漢気盛り祭開催!食べれるものなら食べてみろ!【浜松町】盛男
  • 漢気盛り祭開催!食べれるものなら食べてみろ!【浜松町】盛男
  • 漢気盛り祭開催!食べれるものなら食べてみろ!【浜松町】盛男
  • 漢気盛り祭開催!食べれるものなら食べてみろ!【浜松町】盛男
  • 漢気盛り祭開催!食べれるものなら食べてみろ!【浜松町】盛男
  • 激戦区の郊外駅の居酒屋で肉とのんびり【船橋】竹庭TOMORI
  • 激戦区の郊外駅の居酒屋で肉とのんびり【船橋】竹庭TOMORI
  • 激戦区の郊外駅の居酒屋で肉とのんびり【船橋】竹庭TOMORI
最新記事